• ゼロスポ鍼灸・整骨院【鶴見】
  • 045-633-4337
  • LINE
  • ゆうき鍼灸・整骨院
  • 045-633-8777
  • LINE

スタッフブログ

変形性膝関節症について(ゼロスポ鍼灸・整骨院【鶴見】・ゆうき鍼灸整骨院)

変形性膝関節症について(ゼロスポ鍼灸・整骨院【鶴見】・ゆうき鍼灸整骨院)

皆さんこんにちは。

鶴見区ゆうき鍼灸整骨院です!

今回は変形性膝関節症についてお話しします!

変形性膝関節症とは関節のクッションである軟骨が加齢や筋力低下によりすり減り痛みが生じるものを言います。軟骨がすり減る事によって関節が狭くなり骨が変形したり、関節を覆う袋のようなもの(関節包)に炎症が起こり熱を下げるために体内の水分が集まり関節に水が溜まるといった現象が起こります。その後骨同士がぶつかり激しい痛みを生じるようになってきます。

変形性膝関節症の症状は3段階に分けられます。

初期症状

起床時の膝のこわばりなどの症状が出ます。

なんとなく膝がこわばる、重くて動かしにくい。

痛みは、はっきりとはわからない鈍い痛みを感じるようになります。

上記のような症状を感じますが動かしているうちに気にならなくなる事が多いようです。

症状が進むと正座や階段の登り下り、急な方向転換で痛みを生じるようになります。

中期症状

中期になると少し休むと症状が軽減していたものが消えなくなります。正座や階段の登り降り、しゃがみ込みなどに膝の痛みが生じこのような動きが困難になってきます。

他にも膝に水が溜まるようになり膝の変形や腫れ、熱感などが見られるようになります。

・末期症状

末期になると軟骨がほとんどなくなり骨同士がぶつかるようになります。こうなると初期、中期の症状が悪化し普通に歩いたり、座ったり、しゃがんだりするのも困難になり日常生活に支障をきたすようになります。

変形性膝関節症の治療は大きく2つに分けられ

①手術

②保存療法  があります。

手術は病院で行いますが、保存療法は整骨院でも治療ができます。

当院ではゼロ整体のメニューを使い痛みによって緊張した周りの筋肉を緩めたり、血流を改善して変形性膝関節症の症状を軽減する事ができます。

周りで困っている方や気になる事がありましたらお気軽にご相談下さい。

交通事故治療も対応しております!

詳しくは店舗までご確認ください!

各種SNSやっております!!

ご登録よろしくお願い致します(^ ^)

【ゆうき鍼灸整骨院】

LINEhttps://lin.ee/uX4at8a

Googlehttps://www.google.co.jp/

JR鶴見線 国道駅から60m 徒歩1

京浜急行本線 花月総持寺駅から200m 徒歩3

【ゼロスポ鍼灸・整骨院『鶴見』】

Googlebonesetting-house-10033.business.site

JR鶴見駅から徒歩3分

—————————————————

【ゆうき鍼灸・整骨院】

230−0052

神奈川県横浜市鶴見区生麦5−10−17

ニックアーバンスピリッツ鶴見

TEL045−633−8777

お問い合わせ

ゼロスポ鍼灸・整骨院【鶴見】

LINE

受付時間

住所
〒230-0062
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町14-32
アクセス
鶴見駅から徒歩3分

ゆうき鍼灸・整骨院

LINE

受付時間

住所
〒230-0052
神奈川県横浜市鶴見区生麦5-10-17
アクセス
国道駅から徒歩1分