• ゼロスポ鍼灸・整骨院【鶴見】
  • 045-633-4337
  • LINE
  • ゆうき鍼灸・整骨院
  • 045-633-8777
  • LINE

スタッフブログ

熱中症についてpart2(鶴見区 ゼロスポ・ゆうき鍼灸整骨院)

熱中症についてpart2(鶴見区 ゼロスポ・ゆうき鍼灸整骨院)

鶴見区の皆さんこんにちは!

ゼロスポ鍼灸・整骨院【鶴見】の女良です。

 

本日は前回に引き続き熱中症についてお話させて頂きたいと思います!

前回は熱中症がどうして起こりやすいのか?

症状などをお話しさせて頂きました。今回は

予防策などをもう少し詳しくお話ししていこうと思います!

 

私たちの体は、普段血管を広げて外気に体内の熱を放射したり汗をかいて蒸発をさせたりして体温の急激な上昇を防いでいます。

しかし気温が高いと体内の熱は放散されず湿度が高ければ汗は蒸発しないという事になります。

最高気温が30℃を超えるあたりから熱中症が急激に増加してきます。

最近はコロナの影響によりマスク生活などが中心になっているので、余計に注意が必要ですね。

 

前回でもお伝えした水分補給についてですが、「こまめに」ってどれぐらい?

と思う方もいらっしゃるかと思います。実際のところどれくらいなのでしょうか?

基本的には喉が渇く前に水分補給をする事が大切です!

□目安は1日1.2ℓ(より良いのは2ℓが◎)

→スポーツドリンクやお水や麦茶が理想です。

 お水や麦茶のみですと塩分やナトリウムなどが不足し熱中症のリスクが高まるので

 塩飴、タブレット(塩分などが含まれているもの)、梅干しなどを一緒に摂取できると

 とても良いと思います。

 

マスクをしていると喉が乾燥しずらくなり、喉が渇いていないと錯覚をおこして

熱中症のリスクがかなり高まりますので気をつけましょう。

喉が渇いたから飲み物を飲むというのは、すでに脱水の状態になっているので

その前にしっかりと摂取をしておくことがとても重要ですね(^^)

 

先ほどもお伝えしましたがコロナの影響によりマスク生活が中心になっているので、

屋外で活動する場合、運動する場合人と2m以上(十分な距離)離れている場合は

熱中症予防の為にマスクを外すことが推奨されています。

コロナの感染対策をしっかり行いつつ、熱中症の予防も同時に行い

この夏を乗り切りましょう!

 

 

各種SNSやっております!!

ご登録よろしくお願い致します(^ ^)

【ゆうき鍼灸整骨院】

LINEhttps://lin.ee/uX4at8a

Googlehttps://www.google.co.jp/

JR鶴見線 国道駅から60m 徒歩1

京浜急行本線 花月総持寺駅から200m 徒歩3

【ゼロスポ鍼灸・整骨院『鶴見』】

Googlebonesetting-house-10033.business.site

JR鶴見駅から徒歩3分

—————————————————

【ゆうき鍼灸・整骨院】

230−0052

神奈川県横浜市鶴見区生麦5−10−19

ニックアーバンスピリッツ鶴見

TEL045−633−8777

—————————————————

【ゼロスポ鍼灸・整骨院『鶴見』】

230-0062

神奈川県横浜市鶴見区豊岡町14-32

カーサ・カコ101

TEL045-633-4337

—————————————————

 

お問い合わせ

ゼロスポ鍼灸・整骨院【鶴見】

LINE

受付時間

住所
〒230-0062
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町14-32
アクセス
鶴見駅から徒歩3分

ゆうき鍼灸・整骨院

LINE

受付時間

住所
〒230-0052
神奈川県横浜市鶴見区生麦5-10-17
アクセス
国道駅から徒歩1分